間取りってどう考えていけばいいの?

こんにちは、sanaです。

前回は、間取りで失敗しない為に気を付けることについて紹介しました。
今回は、まず間取りってどうやって決めていけばいいの?という話を見かけたので、
そのことについて紹介していこうと思います。

分譲住宅や建売住宅はもともと家が建っているので、間取りは自分の家に合ったものを選べば問題はありません。
ですが、注文住宅となると家の外観から中身までを決めなければなりません。

そうなると、間取りも最重要な点となってきます。

私の場合は、大成住宅ブリーズガーデンの大まかな例を説明いただき、
時間をかけて決めていきました。

自分達で考えて、担当の方にアドバイスをいただきながら作成したので
失敗は逃れることができましたが、自分達だけで決めていたら失敗だらけだったなって思います。

実際に、どういう点に気を付けて間取りを決めていけばいいのかは3つの点で紹介します。

・生活動線、家族の生活動線を考える
まずは、家族や自分の生活を考えながら決めましょう。
誰がどこを使うことが多いのか。場面に合わせて近い方がいいもの、見えた方が良いものも変わってくるかと思います。
その中でも重要なものから、優先的に考えて行くことが大事です。
例:キッチンから子供部屋が見えるように,玄関からお風呂場は近い方がいい,など

・形や方角、環境を考える
家を建てる場所、方角、環境を考えて計画を立てましょう。
洗濯物を干すのにベランダは太陽の真逆だった。などのミスがないよう、
形や方角、環境を考えながら間取りを考えるのが大事です。
例:ベランダは南向き,書斎が道路に面していると騒音になるから逆側,など

・用途や機能ごとに考える
どこにどの部屋、どの機能があるべきかを考えて計画を立てましょう。
ここから庭に出るからリビングがいい。ここは駐車場だからキッチンがここ。など、
家の機能や、生活動線を考えて、分類分けをしながら考えていきます。
例:このドアから庭に出るからリビング,この先は駐車場だからキッチンがここ。など

と上記の点に気を付けて間取りを考えていきます。
また家具や照明、窓などさらにプラスして細かい部分も加えて考えると、
建てた時、家具を搬入した時に、失敗した!とならない間取りとなるのです!

ここが大変ですが、完成した時の喜びは半端ないので、
後悔のないように家族と話しあう事をおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました